2016年11月17日木曜日

場面緘黙症は大人になっても克服できる

場面緘黙症は大人になっても克服できる

場面緘黙症は大人になっても克服することができます。これは吃音と同じ範疇(はんちゅう)の話で克服の難易度からするとかなり容易な方です。私の場面緘黙症が始まったのは小学校高学年の時からでした。もともと繊細な子供でしたが、学校では素行不良でやんちゃな子供で、とらえようのない子供だ・・・とずっと言われ続けてきましたが、私の場面緘黙症は大人になってはじめて克服できました。


■どうやって場面緘黙症を克服するか?

それは①薬物療法(化学物質はまず使用しません)と②運動療法を組み合わせることで可能になります。私は米国の研究機関に入所し、そこで専門の医師からレクチャーを受けているので、常に最新のしかも正しい場面緘黙症の克服の手法を提供可能です。
成人してしまうと脳の配線が固定されてしまうというのは神話(嘘)でした。実際は、成人した脳いわゆる大人の脳にも可塑性(かそせい)・・・変わっていく力(脳細胞は加齢とともに死滅するだけではなく、増加もする)が備わっているからです。

■場面緘黙症は脳の異常

場面緘黙症は脳の異常です。心の問題ではなく脳の誤作動のようなものです。私は言語障害はありましたが、学校の成績は常に上位でした。要するに会話性言語が失調したおかげで、視覚言語である文字の読み書きが得意だったわけです。
このような傾向が場面緘黙症の人には良く見られます。これを専門には代償性過剰発達といいます。

■場面緘黙症の克服について

このブログの他の記事にまとめがあるので読んでみてください。私による専門の指導は有料ですが、確実です。

(まとめ)

場面緘黙症は大人になっても克服できます。克服の難易度はかなり容易な範疇(はんちゅう)になります。もちろん子供のケースでも同様の話です。
あきらめる必要は全くありません。